時が止まる、メコンが魅せた絶景とは

2017年4月22日(世界一周15日目)

 

 

 

 

 

どうも!りゅーぞーです!

 

 

 

 

 

さてさて、昨日の夜から初めて寝台バスというものに乗って、ラオスの首都ビエンチャンからルアンパバーンに移動してきたのですが、寝台バスすごいね。

 

 

 

 

 

 

結構でっかいバスで、中は席がベッドみたいな感じ!

 

 

 

 

 

IMG_4956 (1).JPG

 

 

 

 

 

自分の座席へ向かいます、ただ席を全部ベッドにしてるせいか、通路とかそれ以外が鬼のように狭い笑

 

 

 

 

 

この時、ビエンチャンで同じバッパー(バックパッカーズホテル)だった日本人の男性の方みつさんと、一緒だったのですが、seat.No がA11とA12、上下じゃん、とか思いながら着席。

 

 

 

 

 

寝転んでみます、なるほど、ギリギリ収まらない笑

 

 

 

 

 

そんなことを思っていると、りゅーぞー周りの異変に気づきます。

 

 

 

 

 

あら、みんなベッドに2人1組で寝てる?

 

 

 

 

 

そうです、気づいたんですが、僕のベッドもよく見たら、枕も布団も2つある。完全に2人1組システムです笑

 

 

 

 

 

そしてさらによく見ると、そこ僕のベッドじゃないっぽいんですよね。僕はみつさんと一緒のベッドでした。

 

 

 

 

 

全てを察し、顔を見合わせる僕とみつさん。

 

 

 

 

 

 

まぁ運が良いのか悪いのか、奇跡的に僕が陣取ってたとこは、誰も来なかったのでそのままそこで寝ました、面白くなくてすいません笑

 

 

 

 

 

途中寒すぎて、目が覚めました。やっぱりラオスのバスも寒いんですよね〜。休憩でバスが止まったので、外に避難。

 

 

 

 

 

が、ラオスの夜は寒い。バンコクに比べるとやっぱり北なんで、夜は冷え込むようで、外も肌寒いです。マジでなんでクーラーつけるかわからない。

 

 

 

 

 

その休憩の時に中国人のおっちゃんと喋ってみたのですが、なんか中国人は英語全然ダメって聞いてたのですが、そのおっちゃんはしっかりダメでした笑

 

 

 

 

 

Youとかもわかってなかったっぽく。とりあえずなんかあると剣道!剣道!って言ってて、どんだけ剣道好きなんだよとか思ってたんですけど、明らかに、全然意味わからないタイミングで連呼してたので、たぶんあれはサンキューって言ってたんだと思います。

 

 

 

 

 

そんなかんやで、朝7時頃、ルアンパバーン到着です。着いてまず気づいたのが、耳が詰まる。

 

 

 

 

 

IMG_4957 (1).JPG

 

 

 

 

 

標高高いのかな、この後もずっと詰まり続けてました。

 

 

 

 

 

それでは僕が来たこのルアンパバーンという町について、簡単に説明!

 

 

 

 

 

ここルアンパバーンは約600年前に王朝があった古都で、メコン川とカーン川に挟まれた自然豊かで静かな町です。フランス統治時代の文化にラオス王朝時代の文化が融合した美しい町並みです。

 

 

 

 

 

そして、まずルアンパバーンはその町の美しさが評価され、このルアンパバーンという町そのものが世界遺産に登録されているんです!

 

 

 

 

 

そんなルアンパバーンに着いて、まぁまずは宿探し、ただこれがどこも高い。なので、ちょっと奥に奥にと攻めていくと、見つけました。一泊4万Kp(約500円)。

 

 

 

 

 

さて、どうしようか。早速町に繰り出そうか。いや、一回寝ましょうすいません。

 

 

 

 

 

昼過ぎに起きたりゅぞは、とりあえずメコンの状態を確認しに行きます。今日もいいメコンだ、なんて思いながら、

 

 

 

 

 

IMG_4966 (1).JPG

 

 

 

 

 

ぼくが向かったのは、Utopiaというメコン川を眺めながら、ご飯を食べてゆったりできる、けっこう有名らしいカフェへ。

 

 

 

 

 

ただちょっと道がむずくて、看板はいっぱい立ってるんですよ。

 

 

 

 

 

IMG_4970 (1).JPG

 

 

 

 

 

人に聞きながらあっちらこっちら歩いて行くと、、

 

 

 

 

 

IMG_4972 (2).JPG

 

 

 

 

 

よーやくたどり着いた!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4973 (2).JPG

 

 

 

 

 

はい、ドンピシャの今日結婚式するので貸切らしいです、はい。

 

 

 

 

 

切り替えて、ブログ書くためネカフェに向かいます。情報ではそこらへんにあるらしいので、とりあえず聞いてみます。

 

 

 

 

 

あっちだよ!こっちだよ!おんなじ道を3往復ぐらいしてやっと辿り着きました。

 

 

 

 

 

ブログ書いて、なんやかんや夕方。今日はどーしても行きたいとこがありました。夕日です!プーシーの丘というルアンパバーンの有名な観光名所なのですが、ここからの夕日が良いそうで。

 

 

 

 

 

ただ、外でたらもう結構良い時間で。急がないと日が沈む。早歩きで向かいます。

 

 

 

 

 

IMG_4994 (2).JPG

 

 

 

 

 

 

うそーん、この階段がまぁまぁきつい。この旅1番疲れた。でも時間もない、頑張るりゅぞ。

 

 

 

 

 

息切らしながら到着、、、

 

 

 

 

 

IMG_5010 (2).JPG

 

 

 

 

 

おぉ〜〜ええやんええやん、僕が行った時にはもう観光客でいっぱいでした。

 

 

 

 

 

そーいえばルアンパバーンて、町が世界遺産と言いましたが、正直普通ののどかな町じゃん、とか思ってました。上から見下ろしてやっと分かった気がします。

 

 

 

 

 

FullSizeRender (2).jpg

 

 

 

 

 

見てください、この赤い屋根、緑あふれる街並み、そして母なるメコン、時間が止まったかのような、そんな風にさえ感じるほどにこのルアンパバーンの町は穏やかです。

 

 

 

 

 

人もそう、皆さん友好的で優しい。きっと、そーいった町並みだけでなく、この町の人の暖かさ、その全てが評価され、世界遺産の町になっているんだろうなと、納得します。

 

 

 

 

 

日は暮れかかると、さらに赤みを帯びて、とても幻想的な景色に。素敵です、ルアンパバーン。

 

 

 

 

 

IMG_5016 (2).JPG

 

 

 

 

 

ただ、この頂上付近はこの夕日を見るために観光客で大渋滞。そして、1番の写真スポットでばっちし決めポーズを取る、中国人のおばちゃん。なかなかどかないおばちゃん。何枚同じ写真撮るんだよ…

 

 

 

 

 

やっぱおばちゃんてすげーわ。

 

 

 

 

 

プーシーの丘を下りると、メインの通りはいつの間にか、ナイトマーケットに!

 

 

 

 

 

IMG_5023 (2).JPG

 

 

 

 

 

そして僕は夕食探し、面白そうなもの見つけました。

 

 

 

 

 

IMG_5030 (2).JPG

 

 

 

 

 

なんか、好きな食材選んで、それを煮込んでスープに入れて出してくれるらしいです。

 

 

 

 

 

IMG_5028 (2).JPG

 

 

 

 

 

僕がチョイスしたのは、イカ、白菜、ソーセージ、鳥、椎茸、卵、麺です。麺入れたのでラーメン的な感じになるんかなと思い、待ちます。

 

 

 

 

 

IMG_4981 (2).JPG

 

 

 

 

 

来ました!ビジュアルはなんともですが、とりあえずスープをすすります。

 

 

 

 

 

!!!!!

 

 

 

 

 

こ、これは、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チキンラーメンやないかーーーーい

 

 

 

 

 

まさにチキンラーメンそのもの。これは、美味いぞ。恐る恐る具材とともに麺を流し込む僕。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美味いやないかーーーーーーーーーい

 

 

 

 

 

がっついてると、さっきから気になってたんですが、一緒に出されたこの調味料的なやつ

 

 

 

 

 

IMG_4982 (3).JPG

 

 

 

 

 

ひとすくい投入、美味しくなーれっ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

辛いやないか〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い!!!!!

 

 

 

 

 

一瞬で激辛ラーメンに。まぁでも辛いのまだいける口なんで、ちょーど良いぐらいの辛さでしたけど、汗だっらだら出ました。

 

 

 

 

 

スープまで全部飲み干して、帰宅。朝は気づかなかったんですが、今日泊まってるドミはみんな中国人でした。ここで働いてるスタッフに中国人の方がいるからでしょうね。

 

 

 

 

 

それに思ったのですが、観光客も中国人多いです。考えて見ればそうですよね。すぐ上、中国だもんな。

 

 

 

 

 

ドミの中国人の人たちはとても良い人たちで、積極的に話しかけてくれました。ただ、いちいち声がでかい笑

 

 

 

 

 

ではまた明日!

 

 

 

 

 

『今日のりゅーぞーメモ』

 

 

 

 

 

今日は麻薬について

 

 

 

 

 

いきなりですいません笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもここラオス、タイ、ミャンマーの国境付近の山岳地帯はゴールデントライアングルと言われる麻薬密造地帯なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在は取り締まりが厳しくなっているそうですが、それでも夜一服してたり、昼間でも、ハッパハッパと声をかけられます。普通にブツも出してきます。

 

 

 

 

 

僕はやりませんが、やってる人たちはそこら中で見かけます。もう匂いで分かります。

 

 

 

 

 

これからの旅でも麻薬とかは気をつけないといけませんね。

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 学生世界一周へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中