タージマハルに隠された秘話、知ってますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年5月11日(世界一周34日目)

 

 

 

どうも!りゅーぞーです!

 

 

 

さて、今日は朝一無事に起床し、タージマハルの朝日を見に行きます。

 

 

 

だいたいどこでも入り口で荷物チェックするのですが、タージマハルが1番念入りにチェックされた気がします。

 

 
IMG_6416

 

 

 

中に入り、進んでいくと、

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

うわぁぁぁ、

 

 

 

これは鳥肌立ちました。本当に美しい、これこそ芸術だなと僕なんかでも感じさせられます。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

タージマハル側から反対の門もとても美しかった。

 

 

 

そして、やっぱみんな摘んでました。でも僕は一回も摘んでません。そんなありきたりは嫌だ!

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6471

 

 

 

てことでジャンピングタージかましました。ゆーてありきたりか。笑

 
そんなタージマハルですが、宮殿ではなく、霊廟です。つまりお墓!

 

 

 

調べてみると、その歴史がすっごい面白いんです!タージマハルはムガル帝国時代の第5代皇帝シャー・ジャハーンが、らぶらぶリア充だった妻の死を嘆き悲しみ、建設した愛のお墓です。

 

 

 

なんとこの妻のムムターズ・マハルは36歳で亡くなるまでに、14人の子供を産んでいます。死因は産褥熱だったそう。産後、傷ついた産道や子宮から発症する感染症です。

 

 

 

このタージマハル内部の1番中心にムムターズ・マハルの棺がありました。

 

 

 

タージマハルの材料には白大理石をはじめ、世界各国から様々な宝石が集められ、22年もの歳月をかけて建設されました。

 

 

 

タージマハルを建てたシャー・ジャハーンは対岸に自分のお墓を黒大理石を使って造ろうとしますが、タージマハル建設に莫大な財力を使ったムガル帝国は最盛期とはいえ、かなりの打撃を受けたそうです。

 

 

 

それ故に、シャー・ジャハーンは、自分の息子に王位を奪われ、アグラ城に幽閉されてましいます。

 

 

 

黒大理石のお墓は夢半ば、完成することはなく、マターブバーグというタージマハルの夕日スポットとなり、そこには建設途中であった跡が残っています。

 

 

 

シャー・ジャハーンは幽閉されてから死ぬまで、毎日アグラ城からタージマハルを眺め、妻を思い、涙していたそう。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

確かに昨日アグラ城行った時、城からタージマハルが見えました。

 

 

 

そんな歴史のあるタージマハル、実は東西南北どこから見ても同じに見える、左右対称の完璧なシンメントリーです。凄すぎます。

 

 

 

ですが唯一、左右対称ではない場所が。

 

 

 

先ほど書いた通り、シャー・ジャハーンのお墓は建設半ばで中止となったので、シャー・ジャハーンは死後、王位を奪った息子によって、ムムターズ・マハルの隣に埋葬されます。それによりタージマハルの最も中心の棺が置いてあるところ、そこだけが左右対称ではないのです。

 

 

 

皮肉にもシャー・ジャハーン自身によって、この完璧なシンメントリーを崩す事になったのです。

 

 

 

まぁ隣で寝れるならいい気もするけど…

 

 

 

そんな愛と悲哀に満ちた、タージマハル、本当に是非皆さんも行って欲しい。めちゃめちゃよかった!

 

 

 

さぁ、今日1日は長かったです。

 

 

 

実は昨日、旅行会社でタクシーをチャーターしていて、色々観光する予定です。

 

 

 

朝日のタージマハルを見終えた僕がまず向かったのは、ケオラデオ ガナ国立公園。ここは数多くの野鳥がいて世界自然遺産にも登録されているらしいので、まぁこーゆーのも見てみよーかなと。

 

 

 

行きは1時間半ぐらいかかるのでクーラーの効いたタクシーは最高でした。ただ、このチャーター代に2500Rs払ってます。なんとバスなら数十Rs。後から知りました…

 

 

 

公園は凄い広くて、サイクルリキシャーを使います。三輪車のでっかい版ですね。人力です。

 

 

 

僕のリキシャーの人は、凄い良い人だったのですが、いかんせん結構ご年配の方で、なかなか機動力に欠けます。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 
他の観光客は若い兄ちゃんが、スイスイ漕いで行くのですが、お爺はもはや歩く方が早いぐらいです。

 

 

 

この辺はナイスビューだから降りて見てみな!とナイスビューでもなんでもない荒地ビューに降ろされ、お爺はすぐ休憩です。笑

 

 

 

その後さらに進むと、

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

 
鳥とか鹿とか牛とか色々見れました。初バードウォッチングでしたが、

 

 

 

正直あんま楽しくない。笑

 

 

 

なんか勝手に虎とか見れると勘違いしてまして、、

 

 

見れたのは、凄いのか分からない鳥たち、あとはそこら辺で見れる鹿とか牛とか、、

 

 

 

そしてワシちょー頑張っただろ?とチップをねだってくるお爺でした。分かったよお爺、ありがとう。

 

 

 

まぁバードウォッチングは肌に合わないと分かっただけでも収穫と思おう。ランチに行きます。

 

 

 

そして連れてこられたのは、なんか結構しっかりしてそうなレストラン、絶対高いやん。

 

 

 

あんまり気が進まんかったけど、とりあえず入って見てみる。中はクーラーも効いてるし、本当にしっかりした良いレストラン。けど安飯で良い僕からしたら何も嬉しくない。

 

 

 

もう仕方ないし、1番安いカリーとライス、そして水を頼む。んー味は屋台と変わらん。

 

 

 

ぱっぱと次行きたいしお会計。

 

 

 

820Rsになりまする〜。

 

 

 

 

 

 

 

 

ファッッ!!??

 

 

 

そんないくはずない、伝票見ると食べていない料理が、そしてサービス料として20%上乗せされてる。

 

 

 

食べてない分は引いてもらったけど結局700Rs(約1200円)も払った。その辺の屋台とかだったら70Rsで食えるレベル。思わぬ出費におもっクソ萎える僕。

 

 

 

そして、次に向かったのはファテーブル・シークリーという世界遺産。別に興味なかったけどついでに寄った感じです。

 

 

 

IMG_6513

 

 

 

こんな感じの門があるぐらいで、

 

 
IMG_6520

 

 

 

中は特に見るところはなかった。というか間違えて気づいたら出口から出てしまい、10分くらいで観光終わりました。

 

 

 

途中ウザい客引きに何度も捕まって、ただでさえ昼飯で萎えていた僕はとてもイライラしていました。最近すぐイラついてしまう。

 

 

 

正直今日はミスった。タク代なり入場料なり昼飯なり、今日1日で6000Rs(約1万)ぐらい使ってしまった。インド宿とか飯は全然安いけど、観光地がビックリするぐらい高いんです。

 

 

 

国を挙げて観光客からふんだくろうって算段です。そりゃ詐欺師も横行するわ。

 

 

 

町に戻った僕は、タージマハルの夕日スポット、マターブバーグに向かいます。信じられるのはこのタージの美しさだけだよ〜。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

そして、ずっと我慢してたんですが、

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

摘んじゃった。(//∇//)

 

 

 

宿への帰り道、リキシャーの運ちゃんがアクセサリーショップに連れてってくれるということで、タージマジックにかかっている僕は、せっかくだしなんか買いたいなと思っていたので、行ってみました。

 

 

 

着くと、そこは宿近くのいつもゴリゴリ客引きしてくるお店でした。ここのおっさん凄いんですよ。

 

 

 

結構愛らしい顔で、ミルダケタダはもちろん、不二子ちゃ〜んとか、ドドスコ〜とか、どこで習った!?っ日本語がいっぱい出てくる。

 

 

 

新しい言葉教えてって言うから、おっぱい”を教えてあげたら、その3倍ぐらいのボリュームの下ネタが、ポンポンおっさんの口から出てきた。笑

 

 

 

あまりにも恥じらいなく言ってくるもんだから、僕の方が照れるほど。

 

 

 

そんなおっさんの店に入って、色々見てた。ちょっとリングを買おうと思いまして、するとおっさんが、

 

 

 

これは本物のシルバーにインドの特殊な石を使ったリングだ。日本じゃ手に入らない、なんてこと言ってきます。まぁそんなん信用してないし、とりあえず安かったら買うよ、って感じで値段聞いたら、

 

 

 

1800Rs(約3100円)だ、と。

 

 

 

アホか、300で売れ。出して500って考えてたので、論外でした。その後も交渉を重ねますが、おっさんもなかなか下げません。

 

 

 

なら別にいーよ、と帰ろうとすると、

 

 

 

待て待て待て、分かった、なんか交換できるもんは持ってるか?と。

 

 

 

ほほぅ、その時僕が持っていた金目の物、冗談で言ってみた。

 

 

 

この水筒(タフボーイ)ぐらいさっ。

 

 

 

すると、

 

 

 

その水筒+1000Rsでどうだ?と。

 

 

 

あん?ごめん冗談だよ、誰が俺の旅の相棒タフボーイを手放すかってんだ、こいつとはたくさんの思い出があるんだ。

 

 

 

時に落とし、時に忘れ、時に無くし、、

 

 

 

それでもこいつはこんな俺にずっと冷たい水を与え続けてきた。だから俺もこいつを子供のように可愛がってきた、出かける時は常に一緒だった…

 

 

 

 

 

 

 

 

俺氏: 50Rs+タフボーイならいいぞ。

 

 

 

wwwwwww

 

 

 

 

本当にタフボーイには申し訳ないんですけど、実はもう限界感じてたんですよね、っていうのも、やっぱりちょっと邪魔なんですよ、カバンにも入らないし、しかもインド、氷とか置いてないから、水筒あんま意味ねぇ。

 

 

 

タフボーイを交渉に掛けます。

 

 

 

 

IMG_6541

 

 

 

50Rs+タフボーイで落札。笑

 

 

 

まさかのここでタフボーイとお別れです。別れとは突然です。この交換が吉と出るか凶と出るか、金となるか、怪しいインド石止まりか、わらしべ長者スタートです。笑

 

 

 

『今日のりゅーぞーメモ』

 

 

 

今日は折角なので、採用されなかったけど、是非シェアしたいタージマハルのお写真を、ダダダッと公開します。笑

 

 

 

他にも結構いっぱい撮ってたんですよ!笑

 

 

 

まずは朝日のタージ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

反射タージ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

工事中タージ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

よく見るとサンスクリット語書かれてるタージ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

股割りタージ

IMG_6635.JPG

 

 

 

タージマハルならぬ、タージマクラ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

子供とタージ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

にほんブログ村ランキング参加中!
*5月14日現在 (PV順)

学生世界一周 1位/ (131サイト中)
世界一周 80位 / (2986サイト中)

とうとう1位取りました!!ありがとうございますm(_ _)m

今度とも応援お願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 学生世界一周へ
にほんブログ村 このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中