アルメニア〜ジョージア バス組(ミホ&ユウヤ)vsヒッチハイク組(山本氏) ガチンコ勝負! 果たしてどっちが早いのか!?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年7月17〜18日(世界一周101〜102日目)

 

どうも!りゅーぞーです!

 

 

今日は朝からあるものを作りに動き出した僕ら。

そうです、国際学生証!!

 

 

これは僕も旅に出る前に準備しておこうと思っていたのですが、バタバタしてて結局作り忘れていたのでした。

国際学生証というのは海外、特にヨーロッパなんかでは絶大な効力を発揮し、美術館や博物館、その他諸々かなりの割引が受けれるので、世界一周の必須アイテムと言えます。

そんな国際学生証をここエレバンでは、もはや学生でなくてもパスポート見せるだけで誰でも作れるという、、、

 

 

 

まぁ偽の国際学生証が作れるというわけです。笑

 

 

と言ってもそのクオリティは本物顔負けで、普通に国際学生証としてどこでも使えてしまうらしく、

そして大学にartと書いてあると、美術館系はさらに割引、もしくは無料になるとか!

なので3人で”東京芸術大学”ってことで作っちゃお!となった次第です。笑

というわけで、発行しているオフィスへ向かったのですが、

 

 

むぅぅぅ、、、

 

 

 

結果、作れませんでした。泣

 

 

 

たぶん偽学生証の規制が厳しくなってきているのでしょうか、英語での在学証明書が必要とのこと。

 

 

お手上げです。笑

 

他の国の偽学生証を作れるところでも、結構規制がかかってきているぽいですね。

 

 

 

てことで、この国際学生証発行のためにもう1日、エレバンに止まったんですが、ジョージアに戻りたいと思います。

 

さて、何で戻ろうか、最初は3人とも金なしなのでヒッチで!という感じだったのですが、いかんせん今日もダラダラしていたので、時間的にヒッチだと今日中に着かない可能性が。

ナゴルノでトラック泊したトラウマが蘇り、無難にバスで帰るか?話し合いの結果、、、

 

 

 

 

 

ミホさん(バス)vsユウヤさん(ヒッチ)vs僕(ヒッチ)、3人で競争せん?という面白すぎる案が浮上。笑

 

 

ですが色々話し合った結果、バス(ミホ&ユウヤ組)vsヒッチハイク(僕)で競い合うことになりました。

 

 

もはや僕も内心バスが良かったのですが、ナゴルノの経験から、アルメニア人は絶対乗せまくってくれるという変な自信と、最後はただの意地でヒッチを決断。笑

 

 

 

IMG_9957

時刻は17時半、競争スタート!

 

 

果たしてどちらが先にジョージアの首都トビリシの宿で爆睡をかましているのでしょうか!?

 

 

 

17時半スタートということで、ヒッチの僕はとにかく時間がありません。

21時ぐらいには日が沈むので、それまでに国境に着けなければ、野宿or田舎に泊まろうということになってしまいます。

 

 

最短ルート、、、とりあえずはまず市内を抜け、大きい幹線を目指す。

 

市内でのヒッチはほぼ不可能なので、メトロの終点まで行き、とりあえず停まっていた車に声をかける。

声をかけたのが、30代ぐらいのなんかビジネスで成功した感じのリッチ系お兄ちゃん達。

すっごい色々アドバイスをもらった結果、ナゴルノ帰りに寄った、セバンという町を目指すことに!

 

 

ただどっちにしろ、まだ市内を抜け出せていなかったので、ヤケクソで適当にマルシェ(乗合バス)に乗車。

そこで英語できる人に聞きまくって、セバンのちょい前ぐらいの町に行くマルシェが出ているバス停へたまたま着。

 

 

フラスダンという謎の町に向かいます、ここまでは普通に公共の乗り物使っちゃってます。笑

 

 

IMG_9958

謎の町で下車し、ここからヒッチスタートです!

 

 

 

ヒッチハイク開始1秒、そこらへんに止まっていたベンツに声をかけてみると、あっさりOK。

 

 

ところがどっこい、セバンまでと思いきやすぐそこで降ろされ、、、

 

 

 

IMG_9961

若者集団とわちゃる。

 

 

早く行きたいと伝えると、車を乗り換え、再スタート!でも結局その辺でまた降ろされてしまった。

 

 

IMG_9965

もう日が暮れそう…

 

 

 

焦っていたその時、また一台止まってくれた!

どこ行くのかイマイチ分からなかったんですが、そしたら英語話せる人に電話繋いでくれた!

けどシンプルに自分の英語力のなさのために、あんま理解できず、Yesマンになってしまった結果、

 

 

IMG_9970

3.4回よくわからない寄り道をした結果、そこまで進まず、セバンという町を少し行った、ハイウェイのサービスエリア的なところで降ろされる。

 

この時点でとっくに日は暮れてるし、こうなったらもう直談判しかない、幸い降ろされたのがサービスエリア的なところで良かった、人や車はいっぱいある。

駐車場の端から端まで片っ端から声をかけた。

 

 

『ヘイッ、You ティビリシ??』

 

 

もう暗いので1発でトビリシまで行く車を探す、絶対一台ぐらいはあるだろう。

 

 

 

…ない。

 

 

 

トビリシ行きの乗合バスはあったが5000ドラム、これに乗ったらヒッチと決めた意味がない。

一般ピーポーでトビリシに向かう車が全然ない、とにかく来た車全てに声をかけること1時間、、、

 

 

 

さすがに焦ってきた、さっきの乗合バスに乗るべきだったか、その時普通のタクシーが来たので、一回残りの3000ドラム(約750円)を振りかざしてみる。

 

 

『冗談だろ?トビリシまでなら30000ドラムさ!ワハハハハ』

 

 

というわけで引き続き直談判で粘り続ける、

 

 

そこのサービスエリアのおっちゃんらとは、ほとんど顔見知り状態になった、まさに庭。

方向的に乗せてはくれないものの、アルメニア人はやっぱり暖かい、すごく構ってもらって、何か困ったら俺に頼ってくれと名刺も2枚ほど貰った。

 

 

1時間半経過、おっちゃんやおばちゃん、パリピみたいな奴からミスって普通の観光客、アルメニア美女まで何十人と声をかけ、

 

 

仲良くなったおじちゃんら数人の、訳の分からないアルメニア話に頷いていると、

 

 

おい、あいつが国境まで送ってくれるぞ!と1人のおっちゃんが言う。

みると見たことない、黄色いポロシャツのおじちゃん。

 

 

『誰だ?見たことないな、新人か?』

 

 

↑庭気取り

 

 

 

すると、黄色ポロのおじいちゃん、行くぞと言わんばかりに、車へ。

 

 

直談判1時間半、、、

 

 

 

知らぬ間のヒッチハイク成功。笑

 

 

 

きっと仲良くなったおっちゃんらの誰かがお願いしてくれてたのだろう、ありがたい。

 

コーラにパンを奢ってもらった。

 

 

そしてベンツである。

 

 

この時点で6台中4台ベンツというベンツぶり、コーカサス地方の国ではそこら中でベンツを見かける、みんな好きなんかな。

 

 

これで国境まで一直線!国境まで行けば、まぁなんとかなるかと思っていた矢先、またもや全然手前で途中下車…

 

 

すると、送ってもらったおじいちゃんが、アレで国境まで行きな!と言った先にはまさかのタクシー。

 

おいおいおい、ワイはヒッチで行きたいんや、金払う気ないし、払う金も持ち合わせてない、ちなみにおいくらドラムすんねん?聞いてみた。

 

 

0ドラムさ!

 

 

そして、おじいちゃんも一緒に乗車、なるほど、このおじいちゃんがタク代出してくれるんか、サンクス。

 

 

これでやっと国境まで!

 

 

とこれでもまだ着かない、深夜2時、何もない山奥のガソスタで突然のお別れ、こっからはまぁがんばれ!とおじいちゃんとタクシーは去っていった。

 

 

IMG_9972

 

さてさてどうしたものか、いや道は1つだ。

 

 

ヒッチするしかねぇ!!

 

 

 

マジで何もない山奥のガソスタなので、こんなとこで野宿したら、寝袋も厚着もない僕は死んでしまう。

 

 

夜中2時、暗闇のヒッチハイク…

 

 

IMG_9973

 

ちなみにこの時点でこの辺、半分ちょいと言ったところか。

 

 

なんかゲイっぽいガソスタの店員と共にヒッチハイクすること2時間…

 

 

 

もはや歩いて行けよ、とか言われるけどこっからボーダーまで20km、その距離をこの暗闇の夜道の中、バックパック背負って歩くなんて無理に決まってんだろ。笑

 

IMG_9974

 

ガソスタから教会が見えた…

 

 

助けてもらってキリスト目覚めようか…

 

 

あぁ〜なんかめまいもしてきた、吐き気もする、おすそ分けでもらいまくった果物があたったか?

 

 

4時を過ぎ、これはもうオールヒッチ。

 

 

何台か止まってくれたりはしてたんですが、やはり行き先が違ったり、タクシーであったりしたので、全パスしていました。

 

もう体力の限界を迎えていたその時、、、

 

 

やっと乗せてくれる車が!!!

 

 

結構ヤンチャそうな若者集団だったので、正直あぶねーんじゃねーかとビビりながらも乗らずにはいられなかった。

 

なんとトビリシまで送ってくれるらしい。

 

無事国境に着き、手続きを済ませイミグレを出る、彼らの車がない、

 

あぁ、置いてかれたんか…

 

まぁ荷物は自分で持ってたし、ラスト国境から朝ヒッチ頑張るか〜と思っていた時、、、

 

 

行くぜ!

 

 

彼らだ!!

 

 

なんか分からんけど違う車になってた。

 

IMG_9978

 

朝日です。

 

IMG_9977

エナジードリンクを奢ってもらった、疲労困憊の僕にはビビるぐらいこれがしみた。

 

 

そして日が昇ったせいか彼らもかなり元気になってきて、めっちゃ喋りかけてくる、普通に良い人たちだった。

 

 

IMG_9979

そしてこの車、スバルだったんですがナビが日本語表示、時間も日本時間だったので何とかして欲しいと言われ、

 

色々いじったんですが、言語や時間変更のメニューが見つからずとても申し訳なかった。

 

 

まぁてなわけで、朝8時、バス組のユウヤさんミホさんとの待ち合わせの宿に到着。

もちろん彼らは、とっくに昨日中に着いて爆睡していましたよ。笑

 

 

約14時間のオールヒッチハイク旅、しんどかったけど、アルメニア人の人の良さに触れられた良い経験でした。

 

『今日のりゅーぞーメモ』

IMG_9981IMG_9987

 

これ、ジョージア文字なんですけど、めっちゃ可愛くないですか?笑

ハートみたいなんとか人参みたいなんとかリンゴみたいなんとか、

間違いなく、世界で1番可愛い文字だと思う。

 

日本ぶろぐ村ランキング参加中!
*8月4日現在 (PV順)

学生1位継続中(^O^)
目指せ世界一周TOP10

学生世界一周 1位/ (139サイト中)
世界一周 57位/ (3027サイト中)

今度とも応援お願いします!!

にほんブログ村 旅行ブログ 学生世界一周へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中